コンシーラー不可!ひじ下の色素沈着はトレチノインで

色素沈着は顔にできやすいというイメージがありますが、実は体の部位にもできるケースが多いようです。
例えば、紫外線対策をしっかり行っていなかった、また料理中に油がはねてしまい、ひじ下が色素沈着になってしまったという経験のある方も、少なくないのではないでしょうか。

ひざ下は半袖を着ていた場合、肌が無防備となります。
ですので、紫外線のダメージや外からの刺激によって、色素沈着ができやすい場所なのです。

顔のシミや色素沈着はコンシーラーでカバーする事も可能ですが、ひじ下は擦れたりしてコンシーラーを塗っても、すぐに取れてしまうでしょう。

コンシーラーで隠せないという事もあり、ひじ下の色素沈着に、コンプレックスを感じている方は、トレチノイン療法で色素沈着を治療する事をお勧めします。
トレチノイン療法とは、美容皮膚科などクリニックで処方してもらえる、トレチノインという外用薬を使った治療です。

トレチノインはビタミンA誘導体の1つなのですが、ビタミンAよりも100倍から300倍の効果があると言われています。
肌細胞の再生を活発にする作用があり、色素沈着の原因となっているメラニン色素の排出を、促す効果が期待できます。

メラニン色素は肌の奥にある細胞に沈着している為、なかなか色素沈着を薄くする事は難しいようです。
トレチノインは肌の細胞をどんどん新しく作り、メラニン色素が沈着した細胞を、皮膚表面へと押し上げるスピードを高めます。
すると、最終的にはメラニン色素が沈着した細胞は、古い垢として外へと排出されるのです。

外用薬を塗るだけの簡単なケア方法ですので、男性・女性問わずひじ下の色素沈着を解消が期待できます。
まずは、トレチノインで色素沈着を解消できるか、色素沈着の状態を医師に診察してもらう事から、初めてみましょう。