宗像市で受けられる肝斑治療~トレチノイン療法とは~

もやもやとしたシミができているという場合、もしかしたら肝斑かもしれません。
シミといえば、紫外線によるダメージで起こる、肌トラブルというイメージが定着しています。
確かに紫外線を浴びる事で、肌に刺激が加わりメラニン色素が大量に作られる為、シミになりやすいでしょう。
しかし、シミは何も紫外線だけが原因で起こる、肌トラブルではありません。

女性ホルモンのバランスの乱れによっても、起こるケースがあるのです。
この原因で起こると考えられているのが、肝斑です。
肝斑は30代・40代の女性に起こりやすいシミで、両頬にもやもやとした境目の無いシミとなります。
大きいシミとなるので、悩んでいる方も多いのが肝斑です。

宗像市や宗像市周辺のクリニックでは、肝斑治療を行っていますので、自分のシミの原因が何か知りたいという場合は、まず医師に相談してみましょう。

治療法には色々な種類がありますが、その中でもポピュラーに行われているのが、トレチノイン療法です。
トレチノイン療法とは、トレチノインという外用薬を使った治療で、肝斑だけでなく他のシミ治療にも用いられます。

ビタミンA誘導体の1つであるトレチノインは、肌細胞の分裂を活発にする作用を持っています。
肌細胞が新しく作られる事で、肌のターンオーバーが高まるのです。
肌のターンオーバーとは古い細胞が垢として、剥がれ落ちるサイクルの事で、通常約28日のサイクルとなっています。

肝斑の要因であるメラニン色素が、ターンオーバーがスムーズになった事で、外へと排出されやすくなるのです。
外用薬を塗るだけの治療ですし、トレチノインを処方してもらえば何回も宗像市のクリニックに行く必要は無いので、忙しい方でも気軽に肝斑治療を受けられるでしょう。